医療の世界について

私たちにとって医師や看護婦、看護士は非常に身近な存在です。病院で医師や看護婦によって病気や怪我を治してもらい、そのたびに彼らに深く感謝することになります。またTVや映画で献身的に患者の治療に当たる医師や看護婦の姿に心を打たれることもあります。毎年多くの若者が医師や看護婦、看護士になりたいという希望を抱き、医療の世界の門を叩いています。そうした若い彼らの存在は医療の世界の未来を明るくしてくれるものと言えます。他にも今からでも医師を募集している病院で働きたい、看護婦、看護士に転職したい、小さい頃からの夢をかなえたいという人もたくさんいます。巷には医師や看護婦、看護士の募集や求人や転職の情報が溢れています。こうして社会における関心の高い医療の世界ですが、考えてみると医師や看護婦、看護士の仕事、生活、収入等は、意外と多くは知られていないのではないでしょうか。彼らの生活はまだまだよく知られておらず、誤解されている面も少なからずあると思います。今日は医師を募集している病院への就職、転職を考えている人たちのために医師、看護婦(看護士)という職業の概略についてお話していきます。
その前に現在の医療業界の概略と社会の変化について、お話しておく必要があります。現在、主に二つの要因から医療の世界は大きく変化しようとしています。医療の世界を変えている客観的要素の一つは、医療技術の加速度的な進歩、発展です。科学技術大国として謳われる日本ですが、そうして世界に誇る日本の科学技術は、当然これまで医療の分野にも大規模に投入されてきました。科学的な研究が進んだことによって、現在では一口に医療といっても、実際の医療現場は診断、治療、検査、リハビリ、救急、薬剤などに細かく分業化されています。皆さんが実際に総合病院へ行けば、そのなかでの業務が驚くほど細分化されていることに気づくのではないでしょうか。また診療科目にも新しくリュウマチ科ができるなど、現状の変化に応じて、細分化が進んでいます。今後は更なる科学や研究の発達とともに、こうした傾向がますます進んでいくことになるでしょう。
またインターネット等の新しいメディアが私たちの生活に浸透していますが、医療の世界も同様です。通信網等の整備によって、インターネット医療や遺伝子治療等、数年前までは考えられなかった先端医療の世界も展開されつつあります。こうした日進月歩の変化によって、数年後の医療の世界、そして医師や看護婦(看護士)を中心とする医療現場の仕事は、現代の私たちにも想像することすら困難な状況に変わっているかもしれません。
医療の世界を変えつつあるもう一つの要素は、これも私たちが身近で体感できることですが、本格的な高齢少子社会の到来です。高齢少子化の影響は現在の日本社会の様々なところに影を落としています。当然医療の世界とて例外ではありません。
ところでやや意外に思われるかもしれませんが、将来的に医師の数は全体的にはやや余剰気味になると言われています。一方で現在ではストレスなど複雑化する社会における心理的ケアの重要性が言われていますが、そうしたメンタル面とフィジカル面との両方のケアができる総合医師の数は不足すると言われています。また一人暮らしや寝たきり老人が急激に増えていることから、看護士の場合で言えば、今後は病院での対応のみならず、訪問看護へのニーズが高くなると思われます。よって看護士には訪問看護の知識、スキルが求められていく、ということになりそうです。これら以外にも、本格的な高齢社会の到来によって、医療の世界では様々な変化が生じることになるでしょう。

ここからは医療の世界の最新情報、変化を念頭において、医師や看護士を中心とした医療の仕事と、その新しい姿を紹介していきます。ここで紹介する内容が、医療の世界を志す皆さんに少しでも役立つことを願っています。

>>EOG滅菌なら
生活をより豊かに。私たちの周りに多くいる菌を減らします。

Valuable information

札幌 不動産

ダーツ専門店

Last update:2015/10/9